toggle
2016-07-14

まだ捨てないで!栄養たっぷり&冷え性に効果的


IMG_1417

暑くなってきたら、食べたくなるものってありますよね。

何があるでしょうか??

暑いのでかき氷、そうめんなどの冷たいものはスルスルはいりますよね。

実は夏に食欲がなくなるのはカラダの仕組み的にも当たり前なんです。

 

暑さは寒さに比べてカラダのエネルギーをたくさん使ってしまう時期です。

こんな時期は食べないと、と思いますが、秋冬に蓄えてきたエネルギーを使いながら夏を生活していくのが人間カラダの仕組みだと考えています。

 

蓄えてきたエネルギーとは脂肪です。栄養を蓄積するために脂肪は必要なんですよ。

しかし、蓄積し過ぎちゃうとどうなるのか?それは、見た目だけじゃありません。

脂肪にも血管が通っていて、蓄積しすぎているその部分にも血液=栄養を沢山回さなくてはなりません。

単純に考えても、心臓への負担はすごく掛かりそうですね。

そうなると、血管への圧力も相当必要になってきます。

 

そこで、血液の流れを良くするために、シトルリンが必要です。

シトルリンとはアミノ酸の一種で、血管の拡張を促し血の巡りを良くする作用があると言われているんです。それが含まれる食材がスイカの皮です。

DSC01682

写真はスイカの皮の緑の固い部分と余分な赤い部分をむき、浅漬けにしてみました。

あっさりとしていて瓜のように食べやすく、それでいてカラダのにも良いとはとても嬉しいですね。

 

スイカの皮には沢山の栄養素があります。血管の拡張を促してくれということは、冷え性やむくみにも効くと言われています。

漢方でも使われており(私は西洋医学ですが)・喉の渇きを抑える・利尿作用を高める・浮腫の改善・体温を下げる・解熱、解毒作用などが期待できると言われています(西洋医学からすると血管の拡張を行えば、これらの期待が出来るといえます)。

おいしく食べて、運動しながらカラダのコントロールをしていきましょうね。

DSC01507


関連記事